鯨類資源の持続的利用は可能か - 加藤秀弘

鯨類資源の持続的利用は可能か 加藤秀弘

Add: gemaqin85 - Date: 2020-12-17 11:01:19 - Views: 7120 - Clicks: 1478

鯨類資源の持続的利用は可能か : 鯨類資源研究の最前線 資料種別: 図書 責任表示: 加藤秀弘, 大隅清治編 言語: 日本語 出版情報: 東京 : 生物研究社,. タイトル: 鯨類資源の持続的利用は可能か : 鯨類資源研究の最前線: 著者: 加藤秀弘, 大隅清治 編: 著者標目: 加藤, 秀弘, 1952-. 畑中 寛 (財)日本鯨類研究所顧問. 鳥羽山鯨類コレクション〜東京海洋大学所蔵鯨類骨格標本の概要〜 加藤 秀弘, 荒井 一利 他 | /6/3 単行本. 加藤秀弘ぶん ; 大片忠明え. 鯨類特集にあたり--我が国における鯨類資源研究の方向性 (特集 鯨類の持続的利用は可能か) Current status of cetaceans and other marine mammals in the North Pacific, with a review of advanced research activities on cetacean biology in Japan.

In 加藤秀弘・大隅清治(編), 鯨類資源の持続的利用は可能か―鯨類資源研究の最前線―. 持続的利用と人間の心構え(田中昌一) 最近の鯨類分類体系と名称(加藤秀弘) 鯨類の持続的利用は可能か. 福音館書店. 同年に東京大学で博士(農学)取得。学位論文「鯨類等の国際海洋水産資源の持続的利用に向けた日本の国際戦略と展望」。 年:4月、水産総合研究センターへ出向。理事。 年12月:水産庁を辞職。 年:政策研究大学院大学教授。 鯨類特集にあたり--我が国における鯨類資源研究の方向性 (特集 鯨類の持続的利用は可能か) 南半球における小型歯鯨類の観察記録 Current status of cetaceans and other marine mammals in the North Pacific, with a review of advanced research activities on cetacean biology in Japan. 10 形態: 219 p ; 26cm 注記: 年生物研究社刊「鯨類資源の持続的利用は可能か : 鯨類資源研究の最前線」(加藤秀弘, 大隅清治編)に掲載の論文に一部加筆,修正を加え、改題し、新装版としたもの. <鯨類の持続的利用は可能か> 鯨類特集にあたり―我が国における鯨類資源研究の方向性―(加藤秀弘)/鯨類資源の利用の歴史とiwc(大隅清治)/鯨類捕獲調査が目指すもの(藤瀬良弘) /iwc改訂管理方式(田中栄次)/生態系と鯨類(川原重幸. 含む鯨類の持続的利用を推進。 年7月から31年ぶりに、大型鯨類を対 象とした商業捕鯨を再開。 鯨類は、他の水産資源と同様、科学的根拠に基 づき持続的に利用されるべき 食習慣・食文化・鯨類の利用の多様性は尊重さ れるべき.

12 Description: 16, 273p, 図版2枚 ; 21cm Authors: 桜本, 和美 Catalog. 鯨類資源研究の最前線 : 鯨類資源の持続的利用は可能か,加藤秀弘・大隅清治共編,生物研究社,年,b5判,212頁,3000円 著者 吉岡,基 出版者 日本水産學會 出版年月日掲載雑誌名 日本水産學會誌. 加藤秀弘,大隅清治『鯨類資源の持続的利用は可能か―鯨類資源研究の最前線』の感想・レビュー一覧です。ネタバレを含む感想・レビューは、ネタバレフィルターがあるので安心。読書メーターに投稿された約0件 の感想・レビューで本の評判を確認、読書記録を管理することもできます。. 太古から鯨の肉を頼りにして生き延びてきた日本人の歴史がある。食の多様性をつくってきた、その大切な一片が欠けようとしている。永く続い. 鯨類資源の持続的利用は可能か : 鯨類資源研究の最前線 : ゲイルイ シゲン ノ ジゾクテキ 鯨類資源の持続的利用は可能か - 加藤秀弘 リヨウ ワ カノウカ : ゲイルイ シゲン ケンキュウ ノ サイゼンセン : 加藤秀弘, 大隅清治編: 東京 : 生物研究社,. 12 かがくのとも 585号. 加藤秀弘, 吉岡基編.

※一部利用できない機能があります Title and Location are displayed 鳥羽山鯨類コレクション : 東京海洋大学所蔵鯨類骨格標本の概要 / 加藤秀弘 ほか 編 = An outline of the Tobayama&39;s cetacean collection/TUMSAT. 68(6) 提供制限 インターネット公開 原資料(url). 鯨類資源研究の最前線 : 鯨類資源の持続的利用は可能か,加藤秀弘・大隅清治共編,生物研究社,年,b5判,212頁,3000円 1 物質循環のエコロジー,室田 武著,晃洋書房,年,A5判,273頁,3500円 1. (): Some analyses on the modern whaling catch history of the western North Pacific stockof gray whales (Eschrichtius robustus), with special reference to the Ulsan whaling ground1. 生物多様性と人間(加藤秀弘,)東京女子大,日本,共著,186-208 : 生物学的に見た鯨類の進化、生態、多様性を述べた上で、人類がどの様に鯨類を利用してきたかを解説し、海洋生物資源の持続的利用のあり方を考察。. 42 国際漁業資源の現況; 平成 19 年度.

年生物研究社刊「鯨類資源の持続的利用は可能か : 鯨類資源研究の最前線」(加藤秀弘, 大隅清治編)に掲載の論文に一部加筆,修正を加え、改題し、新装版としたもの 引用文献: 各章末: 登録日:: タイトルのヨミ、その他のヨミ:. 鯨類資源の研究と管理 Format: Book Responsibility: 桜本和美 ほか 編集 Language: Japanese Published: 東京 : 恒星社厚生閣, 1991. 鯨類特集にあたり―我が国における鯨類資源研究の方向性―(加藤秀弘) 鯨類資源の利用の歴史とiwc(大隅清治). 『鯨類資源の持続的利用は可能か―鯨類資源研究の最前線』(加藤秀弘) のみんなのレビュー・感想ページです。この作品は. 日本鯨類研究所. 4 形態: 212p ; 26cm 著者名:. 生物研究社, 東京.

(3/30時点 - 商品価格ナビ)【製品詳細:書名カナ:ゲイルイ シゲン ノ ジゾクテキ リヨウ ワ カノウカ ゲイルイ シゲン ケンキュウ ノ サイゼンセン|著者名:加藤秀弘、大隅清治|著者名カナ:カトウ,ヒデヒロ、オオスミ,セイジ|発行者:生物研究社. 3) Kasuya T, Ichihara T. 年生物研究社刊「鯨類資源の持続的利用は可能か : 鯨類資源研究の最前線」(加藤秀弘, 大隅清治編)に掲載の論文に一部加筆,修正を加え、改題し、新装版としたもの 引用文献: 各章末: Created Date:: Reading of Title: ゲイルイ セイタイガク ドクホン. 加藤秀弘, 大隅清治編 言語: 日本語 出版情報: 東京 : 生物研究社,.

1) 藤瀬良弘.鯨類捕獲調査が目指すもの.「鯨類資源の持続的利用は可能か」(加藤秀弘,大隅清治編)生物研究社,東京.; 34-44. 41 鯨類資源の持続的利用は可能か: 鯨類資源研究の最前線 / 加藤秀弘, 大隅清治編 生物研究社,. 1961; 50: 133-141. Bib: BNISBN:. 水産庁,. 加藤秀弘 ・大隅清治(編集) (): 鯨類資源の持続的利用は可能か. しかし、鯨類資源の持続可能な利用を図るための改訂管理方式が運用される見通しは立っていない。 商業捕鯨への道は、これからどうなるの.

Two kind of minke whale in the Antarctic. 3 鯨研叢書 no. 鯨類特集にあたり―我が国における鯨類資源研究の方向性―(加藤秀弘) 鯨類資源の利用の歴史とiwc(大隅清治) 鯨類捕獲調査が目指すもの(藤瀬良弘) iwc改訂管理方式(田中栄次). 鯨類資源の持続的利用は可能か(加藤秀弘・大隈清活編著) 生物研究社 年 和英英和水産学用語辞典(日本水産学会編).

【tsutaya オンラインショッピング】鯨類資源の持続的利用は可能か/加藤秀弘 tポイントが使える・貯まるtsutaya/ツタヤの通販. Amazonで秀弘, 加藤, 清治, 大隅の鯨類生態学読本。アマゾンならポイント還元本が多数。秀弘, 加藤, 清治, 大隅作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。. 全世界には84 種余りの鯨類が存在する(加藤・大隅,)。これらは歯鯨 類と髭鯨類(歯を持たず、くし状の餌を濾しとる口器を持つ)に分かれるが、. 2) Williamson GR. シャチの現状と繁殖研究にむけて : シンポジウムプロシーディングス. 鯨類資源の持続的利用は可能か(加藤秀弘・大隅清治,)生物研究社,日本,共著 最新の鯨類資源研究を、最前線から取り纏めた専門書。 年に下関で開催された第54回IWC年次会議を前に、研究者のみならず多くの読者に利用されている。. 最近の鯨類分類体系と名称 鯨類の持続的利用は可能か.

1) 吉岡 基,粕谷俊雄.生態・分布解析による鯨類の系群判別.「鯨類資源の研究と管理」(桜本和美,加藤秀弘,田中昌一. In 加藤秀弘・大隅清治(編), 鯨類資源の持続的利用は可能か-鯨類資源研究の最前線-.

鯨類資源の持続的利用は可能か - 加藤秀弘

email: dezyjixe@gmail.com - phone:(730) 659-1841 x 7569

死神のお気に入り - 赤川次郎 - 高階良子 深淵の蛇

-> 情報化社会のリテラシー - 岡本隆
-> 日本美術年鑑 平成28年 - 東京文化財研究所

鯨類資源の持続的利用は可能か - 加藤秀弘 - ニュートンからマンデルブロまで シュタウファ


Sitemap 1

スーパーフォーメーションサッカー′94 - 歴史のとびら 吉村徳蔵